ちょっとだけが命取り

思わぬ出費が重なるとき。経験があると思いますが、非常にやりくりに困ります。
知り合いに借りるとか、両親に借りるとか、親族知人で借りることができればそこまで困ることはありません。

しかし、そうも簡単に親族知人から何度も借りれる訳ではありません。

他人に金の工面を頼むのは、嫌なものです。できることならば、誰にも会わず説明もすることなく、金を工面してもらいたいと感じます。

そこで利用したくなるのが消費者金融です。出費について詳しく尋ねるようなことはしてきませんし、こちらから何に使うのか詳しく説明する必要もありません。ストレスが最小限で金を借りることができるのです。しかし、利子が高い。

ほんのちょっとつまんだつもりが取り返しのつかぬ事につながる場合があります。5万だけ、10万だけ、20万だけと次々に借りてしまい、気づけば100万を超える利用となってしまったのが私の経験です。毎月の利子を払うだけで精一杯。

こんなことなら、無理にでも頼んで親族から借りておけばよかったと後悔しています。
現在は少しずつ元本を返済しています。借りやすい、これが罠です。

ちょっとだけというのもいけません。何卒お気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>